shopify analytics

距離計とは「ゴルフ場において計測点(自分が立っているところ)から目標点(ピンやグリーンエッジ)の距離を計測する機械」です。英名の頭文字を取ってDMDと呼称されたりもします。


それでは一体、距離計を使うとどのようなメリットがあるのでしょうか?

これは主に三つあります。


  • 距離を見誤らないのでスコアが伸びやすい
  • 無駄なショットが減るので早くラウンドすることが出来る。
  • 距離計を使うということにより、距離がすぐにわかりますので、距離を推測する手間が省けます。したがって、考える手間が省ける分「無駄が減る」ということになります。だからスコアも伸びてかつ、早くラウンドを回ることが出来るのです。


今回は、当店の600Mまで測る可能なLERVING ゴルフ 距離計を皆に紹介しましょう。


【距離計特徴】 

【瞬時測定可能】距離計を覗き計測目標が中心に見えるようにしてボタンを押すだけでわずか0.5秒後に結果を表示します。

【持ち運びに便利】約190gの軽量コンパクトボディで、片手にすっぽりおさまりますので、ポケットに入れたり、専門ポーチで腰ベルトに付けたり、手軽に持ち運びます。

【幅広い使用範囲】登山、ゴルフ、狩猟、キャンプから建設・土木業務用まで、計測機器として幅広く使用できます。雨天時などの天候変化にも対応。


【距離測定原理】 

レーザー距離計は測距用に赤い可視光レーザを使用しています。距離計から放射され対象物に反射して返ってくる波長と、内部基準の波長の差(違い)から、ターゲットまでの距離を算出する位相差方式です。 


【レーザーのクラス1について】 

IS及び国際規格IECに規定されたレーザー光の出力の強さを分類したクラス分けで、数字が小さいほど出力は弱くなります。クラス1は下から1番目で人の目のまばたきによって避けることが出来る程度のレーザーです。 


【使用例】 

  • 登山、ゴルフ、狩猟、キャンプに 
  • 他のアウトドアレジャー活動に 
  • 建設・土木業務に 
  • 旅行や観光に 


【操作簡単!】 


  1. 距離計を覗き計測目標が中心に見えるようにしてボタンを押すだけでわずか0.5秒後に結果を表示します。 
  2. ディスプレイの表示が見えにくい場合は、焦点調節リングを回転させて調整してください。 
  3. 計測ボタンを押し続けて連続計測可能です。 
  4. アウトドア、建物、不動産、工場、倉庫、庭園、道路、インフラなどの場所に幅広く使われます。 雨天時などの天候変化にも対応。(生活防水程度 ※浸水には対応しておりません。) 
  5. 片手にすっぽりおさまる190g超軽量コンパクトサイズなので、ポケットに入れたり、専用ポーチで腰ベルトに付け、手軽に持ち運べます。 
  6. 一定時間無操作が続くと、自動的に電源が切れて電池の消耗を防ぐ、オートオフ機能がついています。 


【製品仕様】 

  • 型番:T10-5-600 
  • 計測距離:10~600 m 
  • 光源:レーザーダイオード 
  • 波長:905 nm 
  • 出力:1mW以下 
  • レーザークラス:クラス1 
  • 測定精度:±1 m 
  • 防塵・防水性能:IP54 
  • 使用温度範囲:0~40℃ 
  • 保管温度範囲:-10~60℃ 
  • 電源:1 *CR2 3V電池 
  • 測定時間:0.5-1s 
  • 測定単位:m(メートル)/ yard(ヤード)
  • 角の範囲:−60°~+60° 
  • 角の測定誤差:±1° 
  • 視野角度:7° 
  • 拡大倍率:6倍 
  • レンズ絞り:16 mm 
  • 対物レンズ口径:24 mm 
  • 射出瞳径:3.8mm 
  • 視度調整:±3° 
  • フォーカス方式:接眼レンズ 


【セット内容】 

  • 1×LERVING 600m 距離計 
  • 1×CR2 リチウムイオン電池 
  • 1×専門ポーチ 
  • 1×携帯用ストラップ 
  • 1×レンズ拭きクリーナー 
  • 1×取扱説明書 
  • 12ヶ月の保証


【ご注意】 

  • 測定範囲外の距離は測定不能です。
  • ディスプレイの表示が見えにくい場合は、視度調節リングを回転させて調節してください。
  • 測定可能距離と測定精度は目標物、表面の形状・性質や気象条件により満たされないことがあります。
  • 本製品は簡易距離計のため、測定結果は公的な証明等には使用できません。測定条件により測定精度が低くなる場合があります。
  • 雨滴により、目標物までの距離が正常に測れないことがあります。
  • 人に向けて照射しないでください。また、照射部をのぞき込まないでください。
  • 勾配の計測はできません。あらかじめご了承ください。

  • カテゴリ: 新着情報
  • 更新: 2017-10-09
  • Views: 80
  • コメント: 0

タッグ:

コメントを書く